にこり助産院 3年目スタート♡

にこり助産院 3年目に入りました☆

この2年間多くのママ、かわいい赤ちゃんたち、ご家族と関わらせていただくことができ、助産師という仕事をこのような形で行わせていただいていること、感謝の気持ちでいっぱいです!

最近は、出産直後に地域の助産院を見つけてくださり、連絡いただける機会も増えました。

出産直後から継続的に関わらせていただいたり、赤ちゃんたちの成長を見守らせていただいたり、ママたちとも一緒に子育ての日々に関わらせいただくことも増えて、助産師として子育てスタートの大切な時に伴走させていただけること、本当に幸せを感じています。

・何かあったら相談できる、話を聴いてもらえる、一緒に考えてもらえるそんな存在があって、心のお守りとなっているので安心して過ごせています。

・マニュアルや数字にとらわれていて、それがないと不安だったけど、自分の心地よさ、赤ちゃんの様子を見る、赤ちゃんの声を聴いて一緒に過ごしていくことがどういうことかわかるようになりました。

・訪問をお願いしてから、赤ちゃんと過ごす時間がとても穏やかな幸せな時間になりました。

・おっぱいがトラブルを起こして連絡したのがきっかけだったけど、トラブルのこと以外にも色々お話できて、今ではあのときトラブルが起きたこと感謝しています!

などなど嬉しいお言葉をいただけること、私の糧になっているし、助産師冥利に尽きます。

そして、私が今、もう一つの柱として力を入れている活動に「性教育」があります。

「性教育」ときくと、産前産後の訪問、育児とは関係なさそうと思われるかもしれません。

性教育というのは、

・知ることで自分で人生を選択するができるようになるということ

・誰にでも自分の人生は自分で決めることができるという権利があるということ、そのために誰もが知る学ぶ権利のある学問だと考えています。

得ることが必要な情報はしっかり権利として得て、その中で自分自身、赤ちゃん、家族にとって心地よいこと、生きやすいことは何かを選択することが、自分を大切に、家族や周囲の人を大切にということに繋がると考えています。

つまり…自分がどうしたいのか、私はこうしたいという自分自身の大切な気持ちに気づき、そのために必要な情報の提供、それを決める行動することに伴走させていただくことを大切にしています。

私自身、ママたち、赤ちゃん、そのご家族、そしてこどもたち、多くの方に伴走させていただけるよう、これからも学びを大切に、「聴くこと」を大切に活動を続けさせていただきたいと思います!

3年目のにこり助産院もよろしくお願い致します。